アレルギーを持つ子どもの食事のポイントは?

2019/06/23

 

アレルギーを持つ子どもの食事のポイントとは?

アレルギーの子どもを持つママの悩みのタネと言えば…そう「食事」ですよね。特にアレルギーと診断されて間もない場合はなおさらでしょう。何を食べさせればいいのだろう、栄養バランスは大丈夫なのかな、レシピが知りたい…そんな思いを抱えているママも多いのではないでしょうか?

そこで今回は、食物アレルギーの食事作りのポイントをご紹介いたします。いずれのポイントも基本中の基本。もちろん特別な道具や知識は必要ありません。初めてアレルギー食に挑戦するママも、この7点を抑えておけば安心です。

アレルギー食の大前提!「必要最低限の除去」とは?

アレルギー食の基本は「必要最低限の除去」です。この言葉はいわばアレルギー食のキーワード!これから耳にする機会も多くなることでしょう。

そもそも必要最低限の除去とは、「口にするとアレルギー症状が出る食材」のみを除去するという方法のことをいいます。

また、原因食材も完全に除去するわけではありません。「症状が現れない範囲であれば食べてもよい」のです!

「必要最低限の量」を知るために欠かせない検査が、食物経口負荷試験です。

食物経口負荷試験では、アレルギーの原因食材を実際に少量食べ、どのような反応が見られるかチェックを行います。

もちろん原因食材を口にするため、アレルギー症状が出る可能性もあります。そのため検査には医師が立ち会い、厳重に進められるのです。医療機関によっては、入院して行う場合もあります。

アレルギーでも大丈夫!楽しい食卓を演出しよう

いかがだったでしょうか?アレルギー食は難しそうなイメージがありますが、やるべきことはただ一つ「原因食材を除去する」これだけです。医師の指示に従い、しっかりと行っていきましょう!

もちろん最初は大変なことも多いでしょう。しかし毎日食事を作っていく中で、ママにぴったりの方法がきっと見つかるはず!まずは今回ご紹介したポイントを踏まえながら、少しずつチャレンジしてみてくださいね。応援しています!

 

赤ちゃんに合った情報をゲット♬
個別LINE相談はこちら♬

友だち追加